平成最後の…

11.01.19 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

あけましておめでとうございます。

今年の5月には元号が変わるので、イベントはだいたい平成最後の○○になってしまいますね。

平成最後だからと言って何が変わるわけでもないと思いますが、平成生まれとしては少しさびしい気持ちになります。

平成最後のお正月は終わってしまいましたが、気持ちは新たに仕事に取り組みたいと思います。

今年も丸山歯科医院をよろしくおねがいします。

年末年始に歯が痛くなったら…

27.12.18 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

今年も残すところ4日となりましたね。今年一年を表す漢字、いつも気になって見るのですが、「災」だったので驚きました。来年はもっと明るい話題の字になるといいですね。

当院は、29日から1月4日までお休みとなります。その間、「詰め物が取れた」「歯が痛い」など急を要する場合の歯科受診は、お住いの市町村HPに載っていますのでご覧下さい。

今年もほっこり日記をご覧下さり有難うございました!

来年もまた、御愛読下さいますよう宜しくお願いします♡

 

知覚過敏

25.12.18 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

今年の冬は去年に比べると暖冬のようですね。

そんなこと言っても寒いもんは寒いです。

この時期は水道水も冷たくなり、知覚過敏のある私はツライ….

患者さんも夏はアイスで凍みていたが、冬はうがいの水がしみるという人もちらほら。

歯石を取るお掃除の時はどうしてもお水の出る機械を使用します。

知覚過敏のある方は、凍みてしまう可能性もあるのでその場合は衛生士に教えてくださいね(^^)

お湯に変えるなど工夫をさせて頂きますので、よろしくお願いします。

もうすぐ★

13.12.18 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

12月 なんだか周囲は慌ただしく 私まで早足で歩いています。

衛生士 森です。

枕元にプレゼントが置かれなくなってから、はや○○年・・・

子供たちはサンタさんからのプレゼントを楽しみにしています。今年も欲しい物がやっと決まりました!

(←これ大事!!ブレないこと 一番大事!)

サンタさんに手紙を書くなんてことはしません。画像をみて 『コレっ!!』こんな感じです。

プレゼント選びも変わりましたね~

『サンタさんはどうやってくるの?』

う”~ん・・・「Amazon」とは言えず。

『ピンポーン お届け物でーす。』(違う違う・・・)

煙突ないし。とりあえず『玄関から入ってきます。』と話しました。お客さんのように玄関から来るって設定です。

子供といって侮るなかれ。

寝室の『この窓だよ~』と適当なこと言えば、 『これ絶対無理じゃん!!』との返し。そっ、そうだよね~。

大人の説明にちょっとでも矛盾があればすぐ気づきます・・・

 

さてプレゼントの置き場所。過去 ”プレゼントが大きすぎて枕元に置けない” ”置いた瞬間 子供と目があった”

そんな反省を踏まえ、ツリーの下と決めている。これならバレるリスクなし~~

子供の夢を壊さないことは大事ですね☆

サンタっているの~?そんな質問がいつかはあるかもしれませんが、信じるのも信じないのもその人次第だけど

サンタクロースには夢がありますね!(と言いながら、ぽちっとしなきゃ~)

 

サンタクロースを信じなくなった方に・・・アイフォンに向かって 『ヘイシリ サンタはどこにいるの?』

と聞いてみて下さいね♥

 

 

 

年末年始のお知らせ

08.12.18 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

H30年12月29日土曜日からH31年1月4日金曜日まで休診とさせていただきます。

H31年1月5日土曜日かから通常通り診療致します。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

遺伝子検査

30.11.18 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

先月の勉強会のテーマが遺伝子についてでした。そのなかで、遺伝子検査キットがあることをしり、面白そうだったのでやってみました。

360項目調べられるものを選びましたが、口腔に関係している項目は

・歯周病・虫歯・口内炎・親知らずの非形成・永久歯の生える時期・乳歯の生える時期・前歯の裏の形・奥歯の大きさ・歯ぎしりなどです。

歯周病はリスクがやや高い傾向でした。歯科衛生士にならなければ、それほど口腔内に関心がなく歯周病になっていたかもしれません。歯周病は他の疾患との関連性もあるため、今後もならないよういっそう歯磨きを頑張ろうと思いました。

虫歯罹患率と育児環境の関連について②

22.11.18 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

前回は生活リズムを正すことが間食習慣も改善されて、虫歯の減少に働きがけるというお話をしました。

今回は、おやつの内容についてお話しします。まず大切なのは、糖分の摂取を控えることで虫歯菌の繁殖を抑えることができます。

①砂糖の量が多いもの(ジュース、チョコレートなど)

②口の中に長く留まりやすいもの(飴、砂糖入りガム)

③歯にくっつきやすいもの(キャラメル、スナック菓子など)

以上のものはなるべく避けた方が良さそうです。

おススメは、おにぎりやサンドイッチ、果物、サツマイモなど自然の甘さがある食材を使った簡単なおやつです。さらに、家族みんなで手作りして食べると楽しいですし、子どもたちの心も満たされます♡

忙しいご家庭は、市販のお菓子から何を選べば虫歯になりにくいかを考える良い機会でもあります。親だけでなく、子供達にも考えてもらうことで食を選ぶ力を養うこともできそうです。

ぜひ参考にしてみて下さい。

歯茎と免疫力

14.11.18 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

歯茎が腫れた。歯茎から出血する。違和感がある。

これらの症状が出ている時は、免疫細胞が歯周病細菌と戦っている証拠になります。

健康な状態のときは菌の力より免疫の力が強いためなんの症状も起こりませんが、

免疫の力が弱ってしまうと歯周病菌との戦いに負け、炎症が起きてしまうのです。

風邪をひいたり睡眠不足、身体が疲れたりすると歯茎が腫れたりするのは免疫力が落ちている証拠です。

このようなときはまず、身体をしっかり休ませてあげること。

これからは寒くなって風邪をひきやすくなりますが、体調管理にも気をつけましょう。

公園で

12.11.18 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

衛生士 森です。

昨日はとっても気持ちの良いお天気でしたので家族で公園へ。

一通り、子供たちは遊具で遊んだあとに公園の外周コースを年齢の数だけ走る長男。私と娘はショートカットしてゴールをめざしました。

次に足裏のつぼ 反射区を刺激する石の上を裸足になり4人で歩きました。

子供ってあの上をすいすい歩くことができるんですよ。

一方大人は・・・手すりにつかまりながら、超小股・・なかなか進みません。痛いんです!!

子供は体重が軽いからなのか?私が不調なためなのかわかりませんが・・・

リフレッシュできた休日でした。

歯周病菌は子供に感染する?

02.11.18 / 投稿記事 / Author: / Comments: (0)

歯周病菌も人から人へ感染しますが、感染年齢は概ね18歳以降になります。

う蝕と同様に歯周病菌も唾液によって感染します。しかし、う蝕と違うのは感染する年齢です。う蝕菌は1歳半からうつり始めますが歯周病菌への感染年齢へは18歳以降と遅いのです。

病原性の低い歯周病菌は小学校入学前に(おそらく家族から)うつり、中程度の歯周病菌は小学校高学年までに(家族あるいは家族以外から)

もっとも病原性の高い歯周病菌Pg菌は18歳以降、感染源は家族よりもパートナー(恋人や配偶者)とされています。

歯周病菌の感染予防には人生を通じて他人の唾液が自分の口に入らないように注意を怠らないことが必要です!